子育てとビジネスの関係

今回話したいことは、子育てとビジネスの関係です。自分のビジネスを何にするかで子育てにどのように影響していくのか伝えられたらいいなと思います。

ビジネスの仕方が子育てに影響

①残業や夜勤で働く

家族と会える時間が奪われてしまいます。お子さんが小さい時にしか出来ないこともあるので、たくさんの時間を一緒にいてやりたいですよね。

②プライベートに気を遣う

有名人や芸能人などは、家族にも影響を受けてしまいます。なぜなら、休みの日に出掛ける人はマスクをして顔を隠している場合が多いからです。そういった親と出掛ける場合、気を遣わなければいけません。また、親の仕事が言えないといった秘密保持もしなければなりません。

③自宅で仕事をする人

子どもの様子を見れたり、自宅の家事ができるというメリットもあります。しかし、「家にずっといると鬱陶しい」と感じることもあるので、ストレスがかかってしまうというデメリットもあります。

ビジネスの仕事柄が子育てに影響

よく、とび職の人は怒りやすい(偏見)と言われています。とび職は危険が伴うた危険回避のために怒鳴ったりすることが多いので、仕方ないことなのですが…

何が言いたいのかというと、人間の性格は職業によって性格が変化するようになっています。

性格だけではありません。ホストの場合、タバコを吸ったり酒をたくさん飲んいます。これは、プライベートでもででしまいます。

仕事とプライベートをはっきり分けることができる人なんて誰もいません。「自分は大丈夫」と言っても誰も信用しません。

しかし、悪い部分だけではないのです。飲食店で働いている人は、料理ができたり、福祉職員は保育や介護に詳しかったりします。これが子育てにも反映されることもあります。

ビジネスの収入によって子育てに影響

収入があればあるほど、子どもにより良い環境で子育てすることができるのは言うまでもありません。
もし子どもにビジネスで成功させたいのなら、親は子どもにビジネスで成功する秘訣を伝授しなければなりません。
あなたがビジネスで成功していれば子もも成功する可能性が高まるし、失敗していたら子どもも失敗する可能性が高まります。
子どもは親の姿を見ています。
あなたが今後の人生でどうなるかで子どもは変わっていくということです。


仕事が上手くできない人の克服の仕方

転職を多く繰り返す人は、発達障害の可能性が高いそうです。


まぁ転職にも色々なケースがあって一律ではないことはわかってほしいです💦

キャリアアップで起業したり、フリーランスになるなどして、ある程度の収入を得て成功するケースだってあります。

仕事が上手くできなくて転職する

仕事が上手くできなくて転職してしまう場合、ポジティブに考えてみるといいです。

もし働いていた会社が、残業の多くて給料が低いブラック企業だった場合、休みも取りやすく、給料もいいホワイト企業に転職できるチャンスができたということになります。たとえ今の仕事が上手にできなかったとしても、経験値は上がっていきますので安心してください。

仕事が上手くできないけど転職しない


 「もっと仕事ができるようになって上司になって部下に慕われて給料も上げていきたい。」

あなたにはそのような目標があったとします。

あなたはその目標に向かってどのようにすればいいのか模索していくことができます。あなたの心の叫びは現状を変えたいという思いです。目標に向かって努力できるという時間を与えられているのは、チャンスと捉えるべきなのではないでしょうか。挑戦すればするほどあなたは努力するのを止めないのです。

発達障害者でたまに成功する人がいますが、普通の人よりもチャンスを多く掴むことができるからかもしれませんね。

仕事が上手くできない=子育てが上手くできない

仕事が上手くできない人が子育てを上手くできるとは思いません。


しかし、あなたが自分で何が上手くできないかわかっている場合、逆にチャンスと捉えることができます。なぜなら、あなたが子育てが苦手だというのなら、苦手な部分が何なのかわかっているからです。つまり、あとは克服するだけだからです。

仕事と子育ての克服の仕方は似ています。よく仕事は「目標を立て、何事にも挑戦して経験値を得ることが大切。」と言われています。子育てでも同じことが言えます。長期的に取り組むことが大切です。また、一人でやることが難しい場合、周りの手を借りる勇気も必要となってきます。

親の働き方は似てしまう

「医者の子は医者になる」というように親の職業が影響してしまうことがあります。しかし、ここでお話ししたいことは職業の話というよりも、働き方の話が書いてあります。

筆者は、ブラック企業で勤める親は産まれてくる子どももブラック企業に勤めるのではないかと考えます。

親と子どもの生涯稼ぐお金は同じぐらいになる可能性が高いというデータもあります。これは親と子どもの学歴が影響しているとも考えられています。

一概には言えませんが、親から子どもへと遺伝が引き継がれているのは事実ですす。もしかすると、学歴だけではなく働き方も似てしまうのかもしれません。

親が長時間の労働を耐えられるなら、子どもも長時間の労働を耐えられるということも考えられます。
親が転勤に関して無関心なら子どもも無関心になると考えます。

つまり何が言いたいのかというと

問題であることを問題と思っていない

ということです。

ブラック企業が問題となっているのに、親から子どもへと習性が身に付いてしまってはよろしくないと思います。

少なからず、働き方は変わっています。なので、問題ある働き方に関しては、修正していかなければなりません。
1人が大丈夫だからといって、まわりも大丈夫ではないのです。

正社員だから子育てできる?

正社員になってから、結婚して子どもを産む人がほとんどではないかと思います。しかし今の時代、正社員だから子育てできるなんて考えはもう古いです。逆に正社員だからこそ子育て出来ないというケースもあります。では、一つずつ説明していきましょう。

正社員になるメリット

①給料や収入が良い。フリーターと違って賞与もあり、退職金も充実してる。

②福利厚生が充実している。社会保険のほか、交通費や住宅手当てなど様々である。

正社員になるデメリット

①転勤があり望まない場所に飛ばされる。

②残業や休日に出勤したりして家庭のことを顧みる機会が減る。

共働きの時代になっても育休によって休むのはまだまだ女性のほうが多いです。
女性の場合、出産で休むので女性が育児するという考えがついてしまうのは仕方のないことなのですね。
子育ては夫婦で支えあって計画的にやっていかなければなりません。
あなたが本当に子育てを大切にしたいと考えるなら今の働き方に改善が出来ないのか考えていかなければなりません。

根本的な部分ですが、正社員でなければ子育て出来ないと言うわけではありません。
正社員でなくても子育てしている人はたくさんいます。収入が高くても低くても関係ありません。

筆者が言いたいのは、

自分が子育てする時間はありますか?


          ということです。

子どもの成長は早いです。
一瞬一瞬を大切にして一緒に過ごしてあげてください。

子どもは自分の親の仕事を分析する

たとえば

父親は海外出張で家にいないことがほとんどである。家の子育ては全て母親がやっている。母親は仕事もやっているので、父親より大変なのではないかと子どもは感じる。子どもは子育ては両親二人で協力してやるべきなのではないかと考えるようになり、将来やる仕事は家に帰れる仕事を選ぶようになる。

上記の例のように、子どもは親の影響を受けて何をするべきか考える場合があります。

親の選択によって子どもの人生が大幅に変わります。

仕事によって給料も違うし、働く時間帯も異なる。給料が低くても仕事にやりがいを求めるべきか、給料が高いからやりたくない仕事でもするべきかは人それぞれである。仕事によっては男女比も異なるので、それによって異性の出会いの場があるかどうか変わります。

何の仕事をするべきかの正解は一人一人違うのです。なので、若いうちは色んな経験を積んでいくのがいいと思います。

あなたが何の仕事をするべきか迷っているなら、その仕事のメリットとデメリットをきちんと把握していくべきです。

子育てに役立てるために保育士を目指そう

実際に、子育てに役立てるためという理由で保育士を目指す人もいると思います。そして資格を活かして保育園で働く人もいます。

保育士の勉強は、すべての分野の基盤となる知識を身に付けることができます。

たとえば

音楽、図工、体育、栄養といった面白そうな分野が勉強できます。

ミルクの作り方、おむつ替えのやり方、折り紙の折り方も身に付けることができます。

保育士は子育てとビジネスの両方ができると言っても過言ではありません。なぜなら福祉の分野の知識だけでなく、コミュニケーション能力も身に付けることができます。どの仕事をするにしてもコミュニケーション能力は大切なので、保育士は適応しやすいのです。

ぜひ保育士を目指してみましょう。

いかがでしたか

子育てとビジネスは切っても切れない関係です。子どもが将来稼ぐようになって貧困生活に陥らないようにするにはあなたがお金の動きについてもっと勉強していかなければなりません。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close